SERVICE家財・遺品整理

京都支店

「価値のあるものの遺品整理について」

遺品整理というのは、どこでやっても大変なもの。
ですが、土地柄というものも確かにございます。京都の場合は古いお家が多く、遺品整理の途中で非常に価値の高いものが出てくることがあります。
古物やお着物のなかで高価なものが見つかった場合の対処法は、あらかじめ遺品整理会社と打ち合わせておきましょう。

遺品の中の貴重なものを、見分けられるかどうかが業者選びのポイント

遺品生理の途中で、亡くなられた方しか知らない高価なものが見つかる場合もあります。
京都という土地は古いものを大事にしますから、先代・先々代から受け継いだものが残っているケースが多いのです。
お身内の方の思い入れがあるお品物はもちろん、文化的に見ても価値が高いものが見つかることもあります。
プロの遺品整理業者だから、価値がわかるものも少なくないのです。

単なる清掃業者に遺品整理を依頼すると、貴重なものが見つかったとしても、その価値に気が付かないかもしれません。
当社は大阪府公安委員会による古物商許可を持っておりますし、ものを見る目をもったスタッフが、一品ずつていねいに遺品を片付けさせていただきます。
ですから、貴重なお品物が紛失・破損するリスクが非常に少ないのです。

高価なお着物・古書・掛軸が見つかるケース

ここでは一例として、どんなお品物が見つかるのかをご紹介しましょう。
まずはお着物です。京都は昔から衣装に凝る方が多く、着倒れの名に恥じない名品を所有されていた故人も多いのです。
ただ、こういったいいお着物は普段に着用されませんので、お身内の方でもご存じないお品物もあります。遺品整理してみて、びっくりしたというケースはめずらしくありません。
そして古書や掛軸。たしなみとして茶道や華道をなさっていた方の遺品の中には、掛軸の逸品がまぎれていることもあります。同様に、茶器や花瓶などの焼き物類もお身内の方に確認していただくことがあります。
ちょっとめずらしいところでは、香道のお道具類などが見つかることもあります。
お抹茶茶碗などと違い、香道のお道具類は見たことがない方も多いので、貴重なお品を気づかずに処分されてしまうこともあります。

遺品整理は実績のある業者に依頼されれば安心

当社は60年にわたって清掃・不用品処分・遺品整理の仕事をしてきましたので、価値のある遺品が見つかった時には、かならずご遺族に確認をお願いいたします。
大事な遺品が散逸することを防ぐためにも、信頼のおける遺品整理会社に依頼されるのが間違いないでしょう。

ご相談やお見積りは無料です。
京都で遺品整理をご検討されている方はぜひ弊社にご相談ください。